保育士は男女関係なくできる仕事

男性も増加傾向

保育士の仕事は女性ばかりのイメージが有りますが、近年は男性も増加傾向にあります。保育士資格を目指す講座の受講生も、男性比率が年々増加し、講座によっては、男女比率が男性の方が多いというケースもあるようです。

もちろん全体的な比率を言えば、まだまだ男性よりも女性の比率が多い傾向があるでしょう。ですが保育園や幼稚園によっては、男性保育士を積極的に採用した結果、男性の比率が多いという職場も少なくありません。何かと力仕事も多く、女性だけでは安全面が不安な点も有るからこそ、男性保育士は増加傾向にあると言えるでしょう。

男性保育士は需要が高まっており、女性保育士と合わせて、積極的に募集をかけられる事が少なくありません。女性が今までは多い職業でしたが、女性は結婚出産と共に退職する方も多く、定着率が低いことが難点とされていました。その点を考えると、男性保育士の場合は定着率が高い傾向がありますので、これからは男性保育士もどんどん増加が期待出来るでしょう。

保育士の仕事は、性別に関係なく就く事が出来る職業の1つとして、世の中に認知をされてきている仕事の1つです。スクールなどに通う際にも、気兼ねなく申し込みをすると良いでしょう。


▼ 保育士への就職に関する外部リンク
保育士へ就職できるのはもちろん女性だけではありません。保育士専門の求人サイトでも、男女関係なく求人情報が掲載されています > 保育士 就職